古紙回収によるリサイクル

近年、資源の再利用の観点からも、古紙回収によるリサイクルの仕組みは重要なものです。紙の原料となる木材は現在は輸入に頼っている部分が多くなっています。特に、木材を輸出している国の中には計画だった伐採を進めていない国も多く、目先のお金を得るために次々に木を切り倒している例もあります。そういった国々に目を向けることなく、無尽蔵に木を購入し続けることは、やがて資源の枯渇を生みます。さらには、木々がなくなったことによる栄養分の高い土の流出や、土地の砂漠化にもつながります。何十年、何百年経過した木を元の状態に戻すことは、今の技術では到底不可能なのです。そういった観点からも、古紙回収をやめるわけにはいきません。できる限り、安価でリサイクルが可能なように、分別をさらにしっかり行う必要があります。一般的に、回収されている紙類が同じ様に扱われている傾向がありますが、実際には、新聞にしても、そこにはさまれてくる広告については、分けておくほうが効率のよいリサイクルが可能になることは、周知徹底されていないのが現状です。自治体によっても温度差がありますので、更に効率をあげるためにも古紙回収時の呼びかけも大切になってきます。

古紙回収してどんなリサイクル商品になるか

古紙は印刷工場や新聞社など紙を大量に扱う事業所から出る産業古紙と家庭から発生して町内会や自治会などで回収される回収古紙があります。古紙回収で回収した古紙はリサイクルされていろんな商品に生まれ変わっています。古紙を再生できるかどうかは異物を取り除いておかないといけません。紙は古紙再生に適しています。古紙回収して再生利用して紙を古紙回収に回すと木材資源の有効利用になります。古紙をリサイクルした商品はたくさんあります。トイレットペーパー、コミック雑誌、新聞紙、電話帳、印刷用紙、コピー用紙も古紙から再生されています。段ボールや絵本なども古紙が原料になっています。石膏ボードの建材などもです。紙以外の分野では、住宅用の断熱材などです。紙以外の分野で使用されるのは古紙全体のわずかです。古紙の価格は古紙の需要が供給を上回ると古紙価格が上がります。古紙の在庫が増えると価格が下がることになります。安定した需要と供給がリサイクルの価格にも関連してくるでしょう。環境保護という観点からも古紙を回収して再生する活動は切り離せなくなってきています。企業や自治体も省エネや廃棄物の削減に取り組むようになってきました。古紙利用製品を使うようにしましょう。