古紙回収の引き取りについて

まず、古紙回収とは何かと言う説明からしましょう。使用済みの紙類をリサイクルを目的として回収することを古紙回収と言います。現在、古紙業者によってちり紙交換という名で呼ばれる、古紙とちり紙、トイレットペーパーに交換する古紙引き取りという事業が行われている。みなさんのお宅の廻りで、拡声器を付けた軽トラックが古紙回収と称して大きな音で古紙やぼろ切れなどを回収していることが良く有ると思います。しかし、最近は業者によるちり紙交換のみならず、マンション単位や団地単位、子供会等の団体や自治体単位で回収し、古紙の引き取りが行われるようになっている。これは、近年の環境意識の高まりの結果と、古紙を金品と交換すると言った業者によって団体単位でお金を受け取り、活動費や組合費に組み込むことができるようになって来たことがあげられます。2011年の統計によると日本の古紙の回収率は75.2%に上ると言われています。これは、韓国、ドイツに続く世界第3位の高水準であります。回収総量では、アメリカ、中国に続いてこれも世界第3位です。日本の古紙は、輸出もされています。2011年には約442万トンを中国をトップとして輸出されました。

古紙回収、引き取りについて

最近は、古紙回収、引き取りはかなり積極的に行われています。地球環境の破壊が叫ばれている中、古紙回収、引き取りを積極的に行うのは当然のことです。地方自治体が行っていることもありますし、民間の業者が回収していることもあります。どちらにお願いするのかは自由に決めると良いでしょう。別にどちらに回収をお願いしても別に最終的にリサイクルされるのでしたら、まったく問題ありません。基本的には一週間に一回は地方自治体が回収をしてくれるようになっていますので、回収するタイミングを一回や二回、間違って出し忘れたとしても、次は数ヵ月後、と言うことはありませんから、それほど困ることはないでしょう。環境破壊が叫ばれている風潮ですから、一人一人が小さなことですがしっかりとリサイクル、リユースに貢献することが重要なのです。十年、二十年、程度ならまだまだ大丈夫ですが、百年先は分かりません。ですから、できることは今のうちからやっておくべきでしょう。その一つが古紙のリサイクルなのです。少しでも森林伐採を抑えることができるなら、それにこしたことはありません。小さなことですが、個人個人ができることをしっかりと行いましょう。それが大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*