古紙回収の引き取りサービス

古紙回収の引き取りは、とても有益なサービスです。既に読んで不要になった新聞や雑誌は、そのまま廃棄すれば単なるゴミになります。燃やすにしてもそのための費用が掛かり、火力発電の石油を消費することになります。また低温で焼却すればダイオキシンが発生して、環境に悪影響を与えることになります。そんな古紙を回収してリサイクルすれば、ちり紙やトイレットペーパーとして生まれ変わって再利用できます。紙としての資源が無駄にならないのはもちろん、燃料である石油資源も消費せずに済み、一石二鳥です。古紙の回収とリサイクルは、遡れば江戸時代には既に行われていました。当時の江戸は世界に先駆けリサイクルのシステムを取り入れたエコな都市でした。時が流れて高度成長時代の日本では、古紙をわざわざ引き取って回収してリサイクルするよりも、ゴミとして焼却処分する方が簡単で経済的という風潮になり、一時期採算が合わないとして廃れかけましたが、オイルショックで燃料の石油が高騰したことや環境問題の深刻化によって、古紙回収の有益性も見直されました。最近では世界的なエコロジー意識の高まりによって、日本の古紙の引き取りシステムや再生技術も世界から注目を集めています。

雑誌や冊子などを有料引き取りしてくれる古紙回収業者が存在している

通常不用になった雑誌や冊子などを処分するにはゴミだしと同じ要領で古紙回収の日を利用するというのが一般的だとされています。しかし大量の雑誌や冊子などを処分する場合であれば単純にゴミと同じような形で処分するというのは損だとされており、大量の雑誌や冊子などをリサイクル目的で有料引き取りしてくれるといった古紙回収業者が存在しているためそちらを利用すべきだと言えるでしょう。例えば個人ではなく企業として保管していた雑誌や冊子、カタログなどを大量に処分しなくてはならない場合に非常に役立つ引き取り制度だと言え、処分を依頼する側が運び入れなくても処分を行なってくれる業者側が出張で引き取りに来てくれるといった点も利用者増加の要因の一つだと言えるでしょう。引き取られた古紙は再生紙として利用されることが多く、処分を依頼した古紙はリサイクル品として扱われます。そのため出張古紙回収を利用すればリサイクル証明書が発行されるケースが多く、処分証明が必要な場合やISO取得企業などにとっては利便性が高いサービスを実施してくれていると言えるのです。引き取ってもらいたい古紙の量がトン単位であっても回収に応じてくれるという業者も多いので利用を検討するといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*